WebShopのお支払に
「楽天ペイ」が使えます!

楽天ポイントが貯まる・使える!

営業カレンダー CALENDAR

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
休業日(一部出荷あり)
休業日
書籍

ハーモニー探究の歴史 思想としての和声理論

音楽之友社 ●
2,500 円
(税込 2,700 円)
取扱中
通常翌営業日に出荷

商品情報

【商品説明】

内容紹介
ルネサンスから現代まで、美しい音の響きについて、西洋人はどのように考え、それを理論化しようとしたのか? 各時代を画する和声理論を取り上げ、ドイツ的視点とフランス的視点の両面からバランスよく考察し、さらに、イタリア、アメリカの視点を加えた。分かりやすい解説は、大学のテクストに最適。

目次

凡例
はじめに――思想としての和声理論

序 章 ハーモニーの範囲と方法

第1章 数と協和音――初期近代の音楽理論におけるピュタゴラス派の伝統
第2章 自然と音楽――和声を科学的に説明する
◆コーヒーブレイク Vol.1 和声は科学? 哲学? それとも音楽?
第3章 科学から教育へ――整理されゆく和声理論
第4章 響きを想像する――調的機能と近親関係論
◆コーヒーブレイク Vol.2 日本で学ばれている和声法はどんなもの?
第5章 耳を変える――音楽聴の変化が和声理論にもたらしたもの
第6章 音が意志をもつ――楽曲に共通する原型
◆コーヒーブレイク Vol.3 ところ変われば和声理論も変わる?
第7章 音楽は進歩する――不協和音の解放
第8章 音を秩序づける――ポスト調性時代のハーモニー

おわりに――和声理論から見えてくるもの

謝辞
事項索引
人名索引
著者紹介

【商品詳細】

仕様A5/192頁
JAN9784276102545
ISBN9784276102545
楽器書籍

ランキング

カスタマーレビュー