WebShopのお支払に
「楽天ペイ」が使えます!

楽天ポイントが貯まる・使える!

営業カレンダー CALENDAR

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日(一部出荷あり)
休業日
声楽

寺嶋陸也:茨木のり子の詩による歌曲集「道しるべ」

カワイ出版
1,300 円
(税込 1,430 円)
入荷待ち
お問い合わせ下さい

商品情報

【商品説明】

◇商品詳細情報

作曲:寺嶋陸也
作詩:茨木のり子
A4判/28頁
グレード:中級
演奏時間=約17分20秒

女性ならではの強さ、しなやかさを歌によって表現したい、という作曲者の思いがこもった歌曲集。
「道しるべ」ではシューベルトの同名の歌曲が引用されている。
派手ではないが言葉のひとつひとつが心に語りかける作品である。

<まえがき>
茨木のり子の詩には、与謝野晶子や永瀬清子作品にも共通して感じられる、時代や社会に対する女性ならではの強さ、しなやかさがあります。おそらくこれは、あえて言うならば(そう言われることを嫌う人もいるとは思うが)紫式部や清少納言以来の「女流文学」のすぐれた作品群の底流に流れる輝かしい伝統であるかも知れません。そうした女性ならではの言葉の響きの強さやしなやかさこそ、これらの歌曲のなかでいちばん表現したいと思ったことです。
茨木のり子の多くの詩の中から7つを選びましたが、黒田三郎を追悼して書かれた《道しるべ》をもって曲集のタイトルとしました。詩人が意識していたかどうかはわかりませんが、引き返せない道にかかる「道しるべ」を歌ったミュラーの詩によるシューベルトの《冬の旅》の中の同名の曲を、その曲の中で引用しています。 山形県鶴岡市の、茨木のり子の詩を愛する人たちのグループ「茨木のり子 六月の会」主催の演奏会のために、メゾソプラノの保多由子さんの依頼により作曲、初演されました。

寺嶋陸也

【収録曲】

  • 自分の感受性くらい
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • 待つ
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • 木の実
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • 道しるべ
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • 十二月のうた
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • 生きているもの・死んでいるもの
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也
  • ふたたびは
  •     作詞:茨木のり子 作曲:寺嶋陸也

【商品詳細】

JAN4962864941584

ランキング

カスタマーレビュー