WebShopのお支払に
「楽天ペイ」が使えます!

楽天ポイントが貯まる・使える!

営業カレンダー CALENDAR

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日(一部出荷あり)
休業日
雑誌・ムック

音楽の友 2019年1月号

音楽之友社 ●
カテゴリー
1,018 円
(税込 1,099 円)
取扱中
通常翌営業日に出荷

商品情報

【商品説明】

今月の内容

特集1
怪奇と幻想のクラシック
(喜多尾道冬/真嶋雄大/岸 純信/寺西 肇/相場ひろ/増田良介/長井 淳/中田朱美/マティアス・バーメルト/山崎浩太郎/新田孝行/水谷彰良/堀内 修)
記念年を迎えたベルリオーズの代表作《幻想交響曲》を一つのパイオニアとして、怪奇と幻想のイメージ溢れる作品とその魅力を紹介します。「曰くつき」のエピソードの数々、文学や映像の世界にまで広がる奇々怪々なる世界へ。

特集2
シェフが語るシーズン公演―オーケストラの定期会員になろう!
(山田真一/尾高忠明/奥田佳道/川瀬賢太郎/山田治生/ライナー・ホーネック/上岡敏之/池田卓夫/ピエタリ・インキネン/山崎浩太郎/大野和士/アンドレア・バッティストーニ/下野竜也)
昨年の1月号に引き続き、オーケストラの定期会員の魅力を探る。今回は8オーケストラのシェフ自らが、自分のオーケストラのシーズンの魅力について語ります。

カラー
●[Interview]クルレンツィス、日本での「ミッション」を語る(中 東生)
●[Report]4年ぶりの来日―エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル(原 明美)
●[Report]内田光子 ピアノ・リサイタル(真嶋雄大)
●[Report]グランドオペラ共同制作 ヴェルディ《アイーダ》(伊藤制子)
●[Report]日本初演となる藤倉大「歌劇《ソラリス》」(伊藤制子)
●[Report]NISSAY OPERA 2018 モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》(岸 純信)
●[Report]クリスティアン・ティーレマン&ドレスデン国立歌劇場管弦楽団のシューマン・ツィクルス(真嶋雄大)
●[Report]グスターボ・ドゥダメル&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 in 台湾(木名瀬高嗣)
●[Report]庄司紗矢香&サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(那須田 務)
●[Interview]トム・ヴォルフ監督、マリア・カラスについて語る(岸 純信)
●[新連載]誌上名曲喫茶「まろ亭」―亭主のメモ帳から(1)~NHK交響楽団第一コンサートマスター 篠崎史紀の偏愛案内(篠崎史紀)
●[連載]ふかわりょうの「クラシックの友」(13)~〈ゲスト〉大前研一さん(経営コンサルタント/起業家)(ふかわりょう)
●[連載]和音の本音(17)(清水和音/青澤隆明)
●[連載]谷康子 音楽交差点(25)〈 お客様〉原田 節(オンド・マルトノ奏者)(大谷康子)
●[連載]モナ・飛鳥のスウィーツなピアノの部屋(25)(モナ・飛鳥)
●[連載]音楽家の休日(12)~加藤昌則(作曲家・ピアニスト)(堀江昭朗)
●[連載]世界音楽家巡礼記(22)(カジポン・マルコ・残月)
●[連載]マインドフルネス紀行(22)(吉井瑞穂)
●[連載]音楽草枕(32)(樋口隆一)

特別記事
●[対談]日野妙果×小林道夫―シューベルト歌曲集について(東端哲也)
●[Report]第10回浜松国際ピアノコンクール(上田弘子)
●[Report&Interview]ジョヴァンニ・アントニーニ、健在!(山崎浩太郎)
●[Report]ファビオ・ルイジ&デンマーク国立交響楽団(後藤菜穂子)
●[Report]ロサンゼルス・フィルハーモニック~100周年記念シーズンがいよいよ開幕!(編集部)
●[Interview]アレクセイ・ゲラシメス~表現楽器としてのパーカッションを目指す(山田真一)
●[Interview]細川俊夫 2018年度国際交流基金賞を受賞~これまでの作曲活動を振り返る(伊藤制子)
●[Interview]演出家・粟國 淳~演出家から観た日生劇場オペラ(岸 純信)
●第87回「日本音楽コンクール」Vol.2―クラリネット部門(高山直也)/ピアノ部門(上田弘子)/ヴァイオリン部門(片桐卓也)
●紀尾井ホール室内管弦楽団によるアンサンブル「ハッピー★MOKU 5アワー」(堀江昭朗)
●渡邉順生、デビュー40周年記念インタヴュー(片桐卓也)
●2018年度 第56回「レコード・アカデミー賞」決定(諸石幸生)
●名古屋フィルハーモニー交響楽団の新シーズン(奥田佳道)
●クルターク初のオペラをミラノ・スカラ座が初演(渡辺 和)

連載
●指導者が語る音楽大学オーケストラ(2)―昭和音楽大学(石川淳一)
●マエストロを友とした日々(32)―クライバーとの晩年の交流(1)(広渡 勲/上坂 樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(45)~ダヴィッド・シュルタイス(バイエルン州立管弦楽団)(中 東生)
●ハイクポホヤの光りと風(17)(舘野 泉)
●池辺晋一郎の 大作曲家の音符たち―傑作ア・ラ・カルト(10)ボロディン「弦楽四重奏曲第2番」(池辺晋一郎)
●対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(22)(平野 昭/小山実稚恵)
●巨匠たちの「技」と「心」―神は細部に宿る(12)~イダ・ヘンデル/ゲスト:相曽賢一郎(vn)(征矢健之介)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で ~スメタナ《売られた花嫁》(堀内 修)
●名曲タイムトラヴェル~2020ベートーヴェン・イヤーに向けて(37)(平野 昭)
●オーケストラとともに53年(13)(田邊 稔)
●新名曲解体新書(13)ベートーヴェン「交響曲第6番《田園》」(佐伯茂樹)
●デジタル・クラシックへの誘い(13)(山田真一)
●ミサ曲を通してみた音楽史(16)―神と向かい合った近代の作曲家(西原 稔)

People
●ホルヘ・パローディ(山田真一)
●清塚信也(堀江昭朗)
●サリーム・アシュカール(片桐卓也)
●ヨハン・シュトレッカー(堀江昭朗)

Reviews & Reports
●Concert Reviews 演奏会批評
●〈 海外レポート〉 イギリス(秋島百合子)/フランス(吉田真澄&前田 炎)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(野村三郎)/ドイツ(中村真人&来住千保美)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)
●〈イヴェント・レポート〉 ザ・カレッジ・オペラハウス メノッティ《テレフォン》《泥棒とオールドミス》(嶋田邦雄)
●〈イヴェント・レポート〉《八木節》が響く夜―日フィル韓国公演(渡辺 和)

Rondo
●ピアニストたちと話してみよう!きいてみよう!/ロン=ティボー国際コンクール(三光 洋)/ベルリン・フィル・レコーディングス記者会見に内田光子登場/ロシアのモスクワで《光太夫》が初演(浅松啓介)/パリのジャポニズム(船越清佳)/パルマのヴェルディ・フェスティバル(加藤浩子)/平澤真希 オルガン・ピアノコンサート/小串俊寿ハッピー・サックス・アンサンブルin神楽坂/JXTG児童文化賞&JXTG音楽賞 表彰式

News & Information
●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TV クラシック音楽番組1月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

別冊付録
コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

編集部だより
●2月に初来日するクルレンツィスさんのインタヴューを取ろうと、チューリヒ在住の中東生さんに8月のザルツブルク音楽祭からずっと追っていただいていました。これまで2回も独占インタヴューを掲載しただけに、今回こそぜひ、と意気込んだものの、なかなかマエストロの都合が合わず・・・・・・もうダメか、と思っていた矢先、マドリッドでどうだ、と連絡が。ようやく実現しました。中さん、3ヵ月もの間、どうもありがとうございました。
●特集Iでは、怪奇と幻想のイメージ溢れるクラシック音楽作品の数々を紹介しております。読者の皆様の楽曲を聴く新たなヒント や楽しみとなれば幸いです。札響との東京公演が迫る巨匠指揮者マティアス・バーメルトさんの特別インタヴューもあわせてお楽しみください。
●NHK交響楽団の第1コンサートマスター、篠崎史紀さんによる新連載「まろ亭」が始まりました。篠崎さんの独断と偏見と、N響でのエピソードに彩られた名曲案内、お楽しみに!
●2年目に入ったふかわりょうさんによる連載「クラシックの友」。昨年の第1回のゲストは小泉純一郎元首相でしたが、2年目の第1回はその盟友ともいうべき大前研一さん。実は奥様も元オーボエ奏者という音楽一家でもあるのです。
●「第10回浜松国際ピアノコンクール」のレポートを、2号にわけてお届けします。今月は、予選を含めた大会全体を振り返ります。
●去る10月に来日した際の読響との快演が印象的な指揮者ジョヴァンニ・アントニーニさん。公演のリハーサル後に行ったインタヴューを特別記事で掲載しています。
●パーカッショニストのアレクセイ・ゲラシメスさんのインタヴューで「ドラムを叩くことは幼い子供でもできるけれど、思い描いた音を作り出すためには技術が必要」とおっしゃっていたのが印象的でした。
●渡邊順生さんのご自宅で取材をさせていただいた「デビュー40周年記念インタヴュー」。チェンバロやフォルテピアノなどがずらりと並ぶ部屋へ向かいながら、渡邉さんが飼っていらっしゃる2匹の白くて大きいふわふわした犬と触れ合うことができました 。
●11月の舘野泉さんのリサイタルでは、8月に急逝した作曲家・末吉保雄さんを偲び、曲目が変更されました。今回の舘野さんの連載「ハイクポホヤの光りと風」て は、末吉さんの作品への想いも語ってくださっています。

【商品詳細】

仕様A4変/260頁
JAN4910021290198
楽器雑誌・ムック

ランキング

カスタマーレビュー