営業カレンダー CALENDAR

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
休業日(一部出荷あり)
休業日
書籍

フェンダーVSギブソン 音楽の未来を変えた挑戦者たち THE BIRTH OF LOUD 大きな音はカネになる!

DU BOOKS
2,500 円
(税込 2,750 円)
取扱中
通常翌営業日出荷(取寄せの場合は7~10日程度かかります)

商品情報

【商品説明】

スタートアップのベンチャー VS 伝統ある老舗メーカー
レオ・フェンダー(機械オタクの技術屋) VS レス・ポール(目立ちたがり屋のギタリスト)
ライバル企業の闘いが、音楽史を変えた。
ロック産業と文化を創造した2大企業の歩みを知る!!

人間ドラマ、企業の覇権戦争を描いた傑作ノンフィクション。

手にしたのが、チャック・ベリーでもバディ・ホリーでも、ジミ・ヘンドリックスでも、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドでも、スライ&ザ・ファミリー・ストーンでも、レッド・ツェッペリンでも、プリンスでも、ランナウェイズでも、バッド・ブレインズでも、スリーター・キニーでも・・・・・・。エレキ・ギターは、新しい寛容な音楽を生み、さまざまな人種的、民族的アイデンティティの共通言語になった。

ロックの歴史はギターでできている!
エレキ・ギター開発史とミュージシャンたちの代理戦争を、
ロック黎明期から黄金期の20年間とともに詳述。


<目次>
プロローグ ミュージシャンたちの代理戦争
1章 エレキはカネになる
2章 天才技術者、レオ・フェンダー
3章 誰も勝てない音を
4章 レオ・フェンダーとレス・ポールの出会い
5章 なんでも作れるって言ったよな?
6章 アーティストになったレス・ポール
7章 スタンダード・ギターの開発
8章 レス、リハビリでビグスビーのギターを手にする
9章 レス&メリーの誕生
10章 フェンダー社の好機
11章 時流をつかんだネーミングで、“テレ”キャスター登場
12章 シングルの売上チャートで4曲ランクイン
13章 何も手を打たないと、フェンダーがこの世を支配するだろう
14章 ベースをギターと同じように目立たせる
15章 テレキャスターが変えた世界
16章 おしどり夫婦の光と影
17章 フェンダー社の対抗策
18章 バディ・ホリーが手にした“快適な”ギター
19章 とどまることを知らないレスの意欲
20章 人種の境界線を曖昧に
21章 レオとランドールの対立、フェンダー社の急成長
22章 売れないレス・ポール・モデル
23章 フェンダーのイギリス上陸
24章 どうしてそんなに大きな音で演奏する必要があるんだ?
25章 若者に売れ! サーフミュージックの流行
26章 レス・ポール・モデルの失敗
27章 成功した孤独な天才技術者
28章 開発者のレガシーを伝える
29章 脇役からヒーローに! ジミ・ヘンドリクスの登場
30章 フェンダー・ベースがキャロル・ケイにもたらした成功
31章 ビートルズにリッケンバッカーを使わせ続けろ!
32章 フェンダー社、ビートルズから不評を買う
33章 フェンダー社を買収するのはどこか?
34章 音楽業界史上最大の買収劇
35章 ディランがエレキを芸術向けのツールとした日
36章 エリック・クラプトンが求めたまったく新しい音
37章 レス・ポール・モデルの復活
38章 リンダが盗んだ白のストラトキャスター
39章 楽曲の主役となったフェンダー・ベースのサウンド
40章 フェンダーと共に現れた“本物”、ジミ・ヘンドリクス
41章 ファズフェイスによる表現の拡大
42章 エレクトリック・ギターがあらゆるものを表現できた
エピローグ それぞれの人生

訳者:中川 泉(なかがわ・いずみ)
翻訳家。訳書に『ジョン・レノン 音楽と思想を語る』『ロッド・スチュワート自伝』『ヴァン・ヘイレン写真集』『スティーヴィー・サラス自伝』、共訳書に『ポール・マッカートニー ザ・ライフ』など。

デザイン:小野英作
カバー装画:ジミー益子
翻訳監修:ロッキン・エノッキー

【商品詳細】

仕様四六判/528頁
JAN9784866471532
ISBN9784866471532
楽器書籍
編著監修Ian S. Port / イアン・S・ポート

ランキング

カスタマーレビュー