営業カレンダー CALENDAR

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日(一部出荷あり)
休業日
ファゴット

【バスーン&ピアノ】Fantasy

東京ハッスルコピー
1,500 円
(税込 1,650 円)
在庫僅少
通常翌営業日出荷(取寄せの場合は7~14日程度かかります)
※在庫状況によっては、納期がかかる場合がございますのでご了承下さい。※

商品情報

【商品説明】

作曲:松下功

・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約8分
・発売日:2022年3月30日

編成

Bassoon
Piano


序文 - 依田晃宣(ファゴット奏者)

松下功氏は、藝大の学生であった私とも気さくに話したり、一緒に飲みに行ったり、壁を作らず接して下さる方でした。そうして時間を過ごすうち、「実は若い頃、ファゴットのために曲を書いているんだよね」と、手書き譜のコピーを頂きました。お兄様がファゴットを吹かれていたこともあって、浪人時代(19 歳の時)に作曲したとのこと。「作曲科の受験の為に和声や対位法等の勉強に追われるで、その頃よく聴きに言っていた現代音楽のコンサートに憧れて、自分も好きに書いてみた」と初演時に本人が語っていますが、後年の松下作品とは異なり、若い頃の尖った感性が前面に出た作品のように思います。いわゆる『習作』のイメージだったのか、長年放置され、これまで公にはされていませんでしたが、作曲家・松下功の原点として、また貴重なファゴットのためのレパートリーとして定着することを願い、手書き譜を基に改めて校正しました。

中間部にファゴットのモノローグを挟みつつ、全体を通して幻想的な世界観が広がるこの作品が、長く後世に愛されることを心より願っております。



解説 - 土屋(松下) 律子

この作品は浪人時代に書いたもので、没後すぐに纏めた作品リストには掲載されていません。

兄が音大でファゴットを専攻していたこともあって、この楽器を身近に感じて書いたようですが、兄には「こんなの吹けないよ!」と断られ( 手書きの譜がとても綺麗だった松下ですが、この楽譜は大変見にくくて、解読するのが非常に困難なものでした) 長年、放置されたままになっていました。それでも愛着があった様で、作曲してから20 年以上も過ぎた1995 年5 月に長野の仕事場『アトリエ東風』での第10 回コンサートで、藝大の同級生だった山上貴司氏と私で苦労して初演しました。

それからまた20 年近く経った頃、ファゴット奏者・依田さんに楽譜を渡していたそうですが、やはり譜が汚くて誰も音出ししてくれなかったとか・・・。今回、依田さんのご協力で楽譜を一緒に読み直し、ハッスルコピーに浄書もして頂いて、とても見やすくなりました。改めて音にしてみると、若い作品ではありますが、やはり松下の本質のようなものはしっかり感じることができます。 (松下功Memorial Concert2021・プログラムノートより)


初演情報

コンサート in アトリエ東風 第10回
〈アトリエ東風・春祭り〉飯綱の山々に響くファゴットの妙なる響き
日程:1995年5月4日
演奏:山上貴司(ファゴット)、土屋律子(ピアノ)

【収録曲】

  • 【バスーン&ピアノ】Fantasy

【商品詳細】

JAN9784865443653
ISBN9784865443653
楽器ファゴット
演奏時間約8分

カスタマーレビュー