営業カレンダー CALENDAR

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日(一部出荷あり)
休業日
吹奏楽

闘牛の祭り: スコアとパート譜セット

Fiesta de Los Toros: Score & Parts

バルメイジズ, Brian
BALMAGES, Brian
The FJH Music Company INC.
25,000 円
(税込 27,500 円)
在庫切れ海外取寄せ
2~3週で出荷
※在庫状況によっては、納期がかかる場合がございますのでご了承下さい。※

商品情報

【商品説明】

バルメイジス(1975- )は、今日のアメリカの吹奏楽/音楽教育界において最も才能のある作曲家のひとり。それにもかかわらず、この人の作品は日本ではあまり演奏されないのが残念だ。
スペインとラテン・アメリカの音楽的文化にインスパイアされたこの曲は、ラテン音楽のさまざまなスタイルの、いわばショーケースとして構成されている。まず4分の3拍子(実際には8分の6と4分の3の交替)に4分の5拍子を加え、変型したたサルサのスタイルによる非常にエネルギッシュなオープニングに続き、まさに闘牛士の登場を思わせるトランペットのソロがフィーチャーされる。その後に続くオープニングの旋律とトランペット・ソロのモティーフが組合わされて進行する部分は、ドミニカのダンス、メレンゲのスタイル。続いてスペインの闘牛場にはつきものの勇壮な行進曲/舞曲、パソ・ドブレとなり、ここでは打楽器セクションが大活躍する。音楽は一旦静まり、ユーフォニアム、ホルン、トランペットと受け継がれるソロを挟んで、続くはカスタネットのリズムに導かれるハバネラの場面。哀愁に満ちたこの部分が終わると音楽は再び活気を取り戻し、打楽器セクションが刻むアフロ・キューバンのリズムに乗せて闘牛士のモティーフが回帰、強烈なエネルギーを発散しつつ、音楽は熱狂的なクライマックスを迎える。
グレードは高いものの、非常にわかりやすい音楽なので、聴衆に支持されることは間違いない。金管と打楽器が充実したバンドのポップス・レパートリーとして注目の1曲。マーチングのショーにもおすすめできる。
(解説: 後藤洋)

2017年FJH新譜
Grade 5
Time 8:30

【商品詳細】

商品番号GYW00128086
作曲者BALMAGES, Brian
原題Fiesta de Los Toros: Score & Parts
出版社The FJH Music Company INC.
楽器吹奏楽

ランキング

カスタマーレビュー