WebShopのお支払に
「楽天ペイ」が使えます!

楽天ポイントが貯まる・使える!

営業カレンダー CALENDAR

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日(一部出荷あり)
休業日
吹奏楽

スパイ・リング: スコアとパート譜セット

Spy Ring: Score & Parts

ソーセイド, Richard
SAUCEDO, Richard
Hal Leonard Corporation
22,500 円
(税込 24,750 円)
取扱中
通常翌営業日に出荷

商品情報

【商品説明】

曲名は「カルパー・スパイ・リング Culper Spy Ring」に由来する。これはアメリカ独立戦争(1775-1783)の際の情報戦略の一環として、大陸軍(アメリカ側)のベンジャミン・トールマッジ Benjamin Tallmadge少佐によって編み出された暗号システムと、そのシステムを用いた作戦名のこと。これによってイギリス本国軍に気付かれずにメッセージがやりとりされ、さらにイギリス側の暗号解読も可能になり、独立戦争の勝利に大いに寄与したとされる。大陸軍に参加した13の州のひとつであるニューヨーク州のワード・メルヴィル高校ウインド・アンサンブルからの委嘱ということで、作曲者はこの作品のインスピレーションを「カルパー・スパイ・リング」から得たようだ。
音楽構成と具体的なストーリーとの関わりは一切説明されていないものの、サスペンス映画のサウンド・トラックを思わせるその音楽の雰囲気から、背景に「情報戦略」「暗号解読」「作戦」といったコンセプトがあることを推測するのは可能だろう。ミステリアスに開始された音楽が最初のクライマックスに達し、金管による力強いテーマが提示された後、8分の7拍子のスピード感に溢れた主部となり、打楽器の鋭い打ち込みと木管のパッセージが交錯する。前半に金管で提示されたテーマをもとにした抒情的な中間部を経て主部が再現。緊張感に満ちた、決然とした終結を迎える。
金管と打楽器に要求されるパワフルでシャープな表現は、マーチング・バンドのスタイルにも近く、まさにアメリカの作品ならでは。かなりの技術が必要ではあるものの、大学以上のバンドのレパートリーとして注目に値する1曲だ。楽譜どおりに演奏すると11名の打楽器奏者が必要だが、鍵盤楽器等は適宜省略できる。
(解説: 後藤洋)

2017年 HAL新譜
Grade 5
Time 7:45

【商品詳細】

商品番号GYW00128704
作曲者SAUCEDO, Richard
原題Spy Ring: Score & Parts
出版社Hal Leonard Corporation
楽器吹奏楽

ランキング

カスタマーレビュー