営業カレンダー CALENDAR

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日(一部出荷あり)
休業日
吹奏楽

吹け、東風よ: スコアとパート譜セット

Blow, Eastern Winds: Score & Parts

スパニョーラ, Joseph T.
SPANIOLA, Joseph T.
Musica Propria Inc.
28,000 円
(税込 30,800 円)
在庫切れ海外取寄せ
3~4週で出荷
※在庫状況によっては、納期がかかる場合がございますのでご了承下さい。※

商品情報

【商品説明】

ムジカ・プロプリアはアメリカの出版社。出版点数は多くはないものの、その内容の高さには定評があり、特にアメリカの大学レベルのディレクターには評価が高い。看板作曲家はジュリー・ジルーだが、ジョセフ・スパニョーラ(1963- )もこの出版社の「顔」のひとり。その代表作《エスカペイド》は日本でもよく知られている。
スパニョーラはジャズの技法に造詣が深く――ウエスト・フロリダ大学で音楽理論とジャズを教えている――《エスカペイド》をはじめとするその作品の多くにもジャズの語法がふんだんに使われている。この《吹け、東風よ》も同様だが、ここではさらにスルド、カバサ、マラカス、ティンバレスなどを用いて、ラテン風のフレーバーを加え、また複調のハーモニーや4度音程を積み重ねたモードを多用して、「無国籍」風のテイストを出しているのが興味深い。それでいて、音楽構成はクラシカルな発想を下敷きとしており、さまざまなスタイルを融合させながら作品全体が無駄なく、洗練された感覚でまとめられている。ニュージャージーに本拠を置くプロフェッショナル/コミュニティ・バンド「イースタン・ウインド・シンフォニー」の委嘱によって2015年に書かれた作品で、曲名はその団体名に由来しているのは明らかだが、「東」はここでは「異文化」の象徴として意味づけられているようにも思える。
大学以上のバンドのコンサート・ピース、コンクール自由曲としておすすめ。編成はほぼ標準的な大編成で打楽器は6名。センスのよい打楽器セクションと優秀なコントラバス奏者がほしい。各パートがまとまって動く場面が多いので、アンサンブルの能力とバランス感覚も必要だろう。
(解説: 後藤洋)

2017年 MPR新譜
Grade 5
Time 6:12

【商品詳細】

商品番号GYW00130667
作曲者SPANIOLA, Joseph T.
原題Blow, Eastern Winds: Score & Parts
出版社Musica Propria Inc.
楽器吹奏楽

ランキング

カスタマーレビュー